芸能

プリキル・RINKO(リンコ)のプロフィール&性格|高音が魅力の可愛い癒しキャラ!

crown

2021年10月より4か月に渡って行われたオーディション番組『Who is Princess?』(通称 フープリ)から誕生したガールズグループ プリキル(PRIKIL)

プリキル(PRIKIL)のメンバーは、RINKO(リンコ)・UTA(ウタ)・NANA(ナナ)・RIN(リン)・YUKINO(ユキノ)の5人です。

ここでは、RINKO(リンコ)さんの

  • プロフィール
  • 性格
  • フープリでの活躍

について詳しくご紹介していきます。

『Who is Princess?』完全版が見放題!
Huluで独占配信中!
↓↓↓↓↓
2週間無料お試しはこちら>>

プリキル・RINKO(リンコ)のプロフィール

名前 RINKO(リンコ)
生年月日 2007年2月11日
年齢 14歳
血液型 O型
出身地 千葉県
身長 157センチ
趣味 キーが高い曲を歌うこと
特技 趣味と同じ
あだ名 りんさん
好きな食べ物 じゃがりこ
よく聴く音楽 安田レイ『Not the End』

メンバーの中の担当は、癒しキャラだとか。

確かにRINKO(リンコ)さんを見ているだけで癒されますね。

アピールポイントは、笑顔と表現力、高音を出せることだそうです。

一番幸せな瞬間は、レッスンが終わって家に帰ってからじゃがりこを食べること。

そして、じゃがりこの中で特に好きなのが、ノリ塩バターという可愛い14歳です。

プリキル・RINKO(リンコ)の性格

自分の性格は…?と聞かれて

マイペースです!

と答えたRINKO(リンコ)さん。

他のメンバーからは、一見、ふわふわしているけれど、しっかりしていてみんなのまとめ役だと言われています。

そして、ステージに立つと顔つきが変わり、かっこよくて、かわいくて、セクシーになるけれど、普段、話している時に急に変顔をしたりする面白い一面もあるそうです。

RINKO(リンコ)のフープリでの活躍は?

2021年10月から始まった『Who is Princess?』(通称 フープリ)

歌もダンスもトップクラスの15名が、デビュー候補生の「Princess(プリンセス)組」と「Challenger(チャレンジャー)組 」に分けられ、鬼コーチの下、デビューのために様々な過酷なミッションに挑戦しました。

RINKO(リンコ)さんは、番組テーマソング「FUN」MV撮影での実力テストの結果、Princess(プリンセス)組からスタートしました。

ミッション5では、「Challenger(チャレンジャー)組 」に降格される場面もあり、ひやりとしましたが、最終的にはPRIKIL(プリキル)のメンバーの一人に選ばれたRINKO(リンコ)さんを『Who is Princess?』のミッション1から順に追っていきましょう。

ミッション1 ボーイズグループ・ダンス・バトル

ミッション1でのジャッジのポイントは、チームワーク、表現力、コピー能力。

RINKO(リンコ)さんは、Princess(プリンセス)組としてStray Kidsの「Back Door」のダンスパフォーマンスを披露しました。

練習の時には鬼コーチ・ウンギョン氏から厳しい言葉を突き付けられたPrincess(プリンセス)組でしたが、本番では、さすがのパフォーマンスを見せました。

RINKO(リンコ)さんは、引き続きPrincess(プリンセス)組としてミッション2に進みました。

ミッション2 ソロパフォーマンス

ミッション2は、1対1のボーカルバトル&ダンスバトル。

ハイトーンボイスが特技というRINKO(リンコ)さんの透き通るような歌声はこちら。

小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きで、アイドルの振り付けをマネするのが好きだったRINKO(リンコ)さん。

「ダンス歴はまだ1年で自信がないけれど、表情には自信がある!」というRINKO(リンコ)さんのダンスがこちら。

練習では、カリスマ・ボーカルトレーナーのりょんりょん先生から厳しい指導もありましたが、本番では、「努力したことが伝わった」とお褒めの言葉をいただき、RINKO(リンコ)さんは、引き続き「Princess(プリンセス)組」としてミッション3に進みました。

ミッション3 フォトシューティングバトル

洋服やバッグ、靴など、全551アイテムの中から制限時間15分で自分のセンスでトータルコーディネートするミッション3。

一目ぼれしたと言うトップスを羽織ったガーリーコーデでポージングするRINKO(リンコ)さんのランウェイはこちら。

RINKO(リンコ)さんは、ミッション3では残念ながら、「Challenger(チャレンジャー)組 」に降格となってしまいました。

ミッション4 JPOP×KPOPバトル

J-POPの名曲にK-POPのダンスでパフォーマンスするという難しい課題のミッション4。

そして、ミッション4は「Princess(プリンセス)組」と「Challenger(チャレンジャー)組 」をミックスした3チームでのバトル。

今回、最下位チームになると「Princess(プリンセス)組」であっても脱落する可能性がある…という厳しいルール。

RINKO(リンコ)さんは、ほか3名のメンバー(NANA・NIJIKA・YUKINO)と共に、グループ名「HANABI」としてミッション4に臨みました。

3チームの中で1位という結果で、ダンスの鬼コーチ・ウンギョン先生、カリスマ・ボーカルトレーナーのりょんりょん先生から賛辞をいただき、RINKO(リンコ)さんは、「Princess(プリンセス)組」に昇格しました。

ミッション5 KPOPバトル

ミッション5では、脱落者が2名出る厳しいバトル。

RINKO(リンコ)さんたち「Princess(プリンセス)組」の課題曲は、ITZYの「WANNABE」

その時のパフォーマンスがこちら。

「Princess(プリンセス)組」はとても良い評価を受けたものの6名中4名が降格ということに…。

RINKO(リンコ)さんもその中の一人になってしまい、ファイナルミッションは、「Challenger(チャレンジャー)組 」として挑戦することになりました。

ファイナルミッション

ファイナルミッションの課題曲は2曲。

1曲目『Who is Princess?』のテーマ曲「FUN」を「Challenger(チャレンジャー)組 」としてパフォーマンスするRINKO(リンコ)さんがこちら。

2曲目、デビューに向けたオリジナル新曲「SOMEBODY」のパフォーマンスがこちら

今回、ファイナルミッションでは、RINKO(リンコ)さんを含めて「Challenger(チャレンジャー)組 」から3名がプリキルのメンバーに選ばれました。

『Who is Princess?』が始まってからの成長が著しいRINKO(リンコ)さん。

5年後、10年後、どんな歌手になっているのかとても楽しみです。

まとめ

オーディション番組『Who is Princess?』(通称 フープリ)から誕生したガールズグループ、プリキル(PRIKIL)のメンバー・RINKO(リンコ)さんのプロフィールや性格、フープリでの活躍について詳しくご紹介しました。

すでにRINKO(リンコ)さんを応援するファンがいっぱいいます。

これからの活躍が楽しみですね。

今、Hulu(フールー)では『Who is Princess?』の動画が見放題!

プリキル(PRIKIL)の他のメンバー(YUKINO・RIN・UTA・NANA)が頑張っている姿もたくさん見られます。

まずは2週間無料お試しで!
お試し期間中はいつでも無料で解約可能です。

ぜひご覧ください!

\Who is Princess?の動画が見放題!/

Who is Princess?の動画はHuluで!

-芸能