100万回言えばよかった

【100万回言えばよかった】ドラマの原作はある?脚本やあらすじも

100ie-original

2023年1月スタートの井上真央さん主演ドラマ『100万回言えばよかった』。

ドラマ『100万回言えばよかった』は、突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依(井上真央)と直木(佐藤健)の切なくて温かいファンタジーラブストーリーです。

モー美
井上真央ちゃんって言えば『花より男子』よね。あのドラマ好きだったな。
『花より男子』の原作は、確か漫画だったよね。

今回のドラマ『100万回言えばよかった』の原作も漫画なの?

ミルク

と言うことで、この記事ではドラマ『100万回言えばよかった』の

  • 原作
  • 脚本
  • あらすじ
  • 出演キャスト
  • 放送はいつ?

について調べてまとめました。

Advertisements

 

『100万回言えばよかった』の原作は?

井上真央さんが主演するドラマ『100万回言えばよかった』には原作があるのでしょうか…?

実は、ドラマ『100万回言えばよかった』に原作はなく、完全オリジナルのファンタジーラブストーリーです!

脚本を手がけるのは、脚本家の安達奈緒子さん。

演出は『逃げるは恥だが役に立つ』『恋はつづくよどこまでも』を担当した金子文紀(かねこ ふみのり)さん、『花より男子』『グランメゾン東京』を担当した山室大輔(やまむろ だいすけ)さん、古林淳太郎さんの3人。

そして、磯山晶(いそやま あき)さん、杉田彩佳(すぎやま あやか)さんの2人がプロデューサーを務めています。

『100万回言えばよかった』の脚本は?

ドラマ『100万回言えばよかった』の脚本を手がけるのは、安達奈緒子(あだち なおこ)さんです。

ここでは、安達 奈緒子さんのプロフィールと過去の脚本作品をご紹介します。

脚本家・安達 奈緒子さんのプロフィール

名前安達 奈緒子(あだち なおこ)
生年月日不明
年齢不明
出身神奈川県

大学時代は、早稲田大学の演劇研究会に所属していた安達奈緒子さん。

卒業後、ドラマ脚本を学ぶため日本脚本家連盟ライターズスクールに進みます。

2003年に『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。

2004年、フジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』で脚本家デビューしています。

その後、出産と育児で仕事から遠のいていましたが、2011年に月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』の脚本担当に抜擢。

それ以降、下記に記した数々のドラマを手掛け、様々な賞に輝くなど、「今もっとも勢いのある脚本家」との高評価を受ける脚本家の一人です。

安達 奈緒子さんの脚本作品

安達 奈緒子さんがこれまでに手掛けてきたテレビドラマの主な脚本作品は以下のとおりです。

  • 大切なことはすべて君が教えてくれた(2011年)
  • リッチマン、プアウーマン(2012年)
  • 失恋ショコラティエ(2014年)
  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season(2017年)
  • 透明なゆりかご(2018年)
  • きのう何食べた?(2019年)
  • サギデカ(2019年)
  • G線上のあなたと私(2019年)
  • おかえりモネ(2021年)

『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の2作品により東京ドラマアウォード2019にて脚本賞を受賞

また、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』にて2021年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞しています。

『100万回言えばよかった』あらすじ

幼なじみだった相馬悠依(そうま ゆい/井上真央)と鳥野直木(とりの なおき/佐藤健)。

そんな二人は、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信します。

悠依にプロポーズしようと心に決めたある日、直木は突然、悠依の前から姿を消してしまいます

悲しみに暮れる悠依…

懸命に直木を探す悠依ですが、実は、直木は自分が死んだとわからないまま、魂となって現世をさまよい続けていたのです。

なぜ自分の声が悠依に届かないのか…?

不安を感じる直木の前に現れたのは、唯一、直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(うおずみ ゆずる/松山ケンイチ)でした。

譲に「自分の言葉を悠依に伝えてほしい」と頼む直木でしたが、果たして…

『100万回言えばよかった』の出演キャスト

ここでは、12月6日現在、発表されている出演キャストをご紹介します。

相馬悠依(そうま ゆい)/井上真央

  • 有名美容院の系列店の店長
  • 家庭の事情から里親に預けられた過去を持つ
  • 運命の相手と感じた直木を突然失い、その死を受け入れられずにいる

鳥野直木(とりの なおき)/佐藤健

  • 料理人
  • 悠依の幼なじみで、大人になり再会した際、悠依を運命の人と感じる
  • 不可解な事件に巻き込まれ亡くなってしまう
  • 悠依への想いを伝えられなかった「思い残し」から幽霊となる

魚住譲(うおずみ ゆずる)/松山ケンイチ

  • 刑事として直木の死に関わる事件を捜査している
  • 実家は千年続く寺で代々霊媒の家系
  • これまでの生活は、霊とは無縁
  • 直木の霊が見えるようになったことから、悠依と直木の2人の運命に関わることになる

ソン・ハヨン/シム・ウンギョン

  • 脳神経内科医

『100万回言えばよかった』放送はいつ?

放送開始日2023年1月(金)スタート
放送時間毎週金曜よる10時~
放送局TBS系
配信サイト

まとめ

2023年1月スタートの井上真央さん主演ドラマ『100万回言えばよかった』の原作や脚本、あらすじ、出演キャスト、放送はいつ?についてご紹介しました。

ドラマ『100万回言えばよかった』に原作はなく、完全オリジナルのファンタジーラブストーリーです!

そして、脚本を手がけるのは『きのう何食べた?』やNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』など、数々のドラマを手掛け、様々な賞に輝く脚本家の安達奈緒子さんです。

井上真央さんと佐藤健さん、素敵な二人のファンタジーラブストーリーということで、期待が高まります。

あわせて読みたい

yuugurenitewotunagu-original
【夕暮れに手をつなぐ】原作と脚本|あらすじ&キャストも紹介!

2023年1月スタートのドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』に広瀬すずさんとKing&Princeの永瀬廉さんが共演することが発表されました。 女優として活躍する広瀬すずさんとラブストーリー初挑戦の永瀬廉さ ...

続きを見る

-100万回言えばよかった