星降る夜に

星降る夜にドラマ原作はある?脚本家やあらすじが気になる!

hoshifuru_yoruni-original

2023年1月スタートの吉高由里子さん主演ドラマ『星降る夜に』。

ドラマ『星降る夜に』は、孤独に生きる産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)が、10歳下の遺品整理士の青年・柊一星(北村匠海)と恋に落ちる大人のピュア・ラブストーリーです。

モー美
『星降る夜に』ってロマンティックなタイトルね。

吉高由里子さんと北村匠海さんの情熱的なキスシーンもあるそうよ。これは、火曜日の夜が楽しみになるわね。

吉高由里子さんと北村 匠海さんの大人のラブストーリーって聞いただけですごく楽しみだよね。

ところでドラマ『星降る夜に』に原作はあるの?原作があったら結末を先に知りたいんだけど…

ミルク

と言うことで、この記事ではドラマ『星降る夜に』の

  • 原作
  • 脚本
  • あらすじ
  • 出演キャスト
  • 放送はいつ?

について調べてまとめました。

Advertisements

 

『星降る夜に』原作は?

吉高由里子さんが主演するドラマ『星降る夜に』には原作があるのでしょうか…?

実は、ドラマ『星降る夜に』に原作はなく、完全オリジナルの大人のピュア・ラブストーリーです!

脚本を手がけるのは、脚本家の大石 静さん。

監督を務めるのは『神様のカルテ』シリーズや『にじいろカルテ』を担当した深川栄洋(ふかがわ よしひろ)さん、『民王』シリーズや『おっさんずラブ』シリーズを担当した山本大輔(やまもと だいすけ)さんのお二人。

そして、貴島 彩理さん、本郷 達也さんの2人がプロデューサーを務めています。

『星降る夜に』脚本は?

ドラマ『星降る夜に』の脚本を手がけるのは、大石 静(おおいし しずか)さんです。

ここでは、大石 静さんのプロフィールと過去の脚本作品をご紹介します。

脚本家・大石 静さんのプロフィール

名前大石 静(おおいし しずか)
生年月日1951年9月15日
年齢71歳
出身東京都千代田区

1986年に『水曜日の恋人たち』で脚本家デビューした大石 静さん。

実は、1974年に日本女子大学卒業後、女優を志し青年座研究所に入所しています。

そして1991年、脚本に専念するために俳優を廃業。

以降、下記に記した多数の名作ドラマの脚本を手掛け、数々のヒット作を世に送り出す”ラブストーリーの名手”と称される脚本家です。

また、2024年には、吉高由里子さん主演のNHK 大河ドラマ 『光る君へ』が決定しています。

大石 静さんの脚本作品

大石 静さんがこれまでに手掛けてきたテレビドラマの主な脚本作品は以下のとおりです。

  • 私の運命(1994年)
  • ふたりっ子(1996年)
  • Days(1998年)
  • オードリー(2000年)
  • ハンドク!!!(2001年)
  • 功名が辻(2006年)
  • 暴れん坊ママ(2007年)
  • 四つの嘘(2008年)
  • セカンドバージン(2010年)
  • 家売るオンナシリーズ(2016年・2019年)
  • トットちゃん!(2017年)
  • 大恋愛~僕を忘れる君と(2018年)
  • 知らなくていいコト(2020年)
  • あのときキスしておけば(2021年)
  • 和田家の男たち(2021年)

 

1997年には、NHK朝の連続TV小説「ふたりっ子」により第15回向田邦子賞と第5回橋田賞をW受賞。

2008年『恋せども、愛せども』により文化庁芸術祭賞テレビ部門(ドラマの部)優秀賞受賞。

2011年『セカンドバージン』により東京ドラマアウォード2011脚本賞、放送ウーマン賞2010を受賞しています。

『星降る夜に』あらすじ

のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)は現在35歳。

お金と地位はあるのに、熱意や夢を失い、感情のないまま孤独に生きています

ある日、息抜きのために向かったソロキャンプで一人、輝く星空を見上げ酒をあおる鈴

そんな鈴に向かって、何も語らず、カメラのシャッターを連続で切るひとりの青年が…

その青年こそが、遺品整理士として働く生まれつき聴覚を持たない柊一星(25歳/北村匠海)でした。

しかも一星は、いきなり鈴にキスをして…!?

翌朝、記憶のない頭を抱えて目覚めた鈴に対して、一星は何か手でサインを伝えたまま去っていってしまいます。

一星の背中を見送りながら、ふと現実に戻った鈴が、一星が残したサインの意味に気づきます。

それは…

お前のゲロは全部片付けた、バカ女

こんな最悪な出会いにもかかわらず、やがてお互いにとって”かけがえのない運命の出会い”となることに!

音のない世界で自由奔放に、そして、心のままに生きている一星。

そんな10歳も年下のまだ子どもっぽさが残るけれど、輝きを放つ一星を知るにつれ、閉ざしていた鈴の心は、どんどん解放されていき…

『星降る夜に』出演キャスト

ここでは、12月10日現在、発表されている出演キャストをご紹介します。

雪宮 鈴(ゆきみや すず)/吉高 由里子

  • 「マロニエ産婦人科医院」で働く産婦人科医
  • 患者からも同僚からも頼りにされる存在
  • 誰かに頼ることが苦手
  • 自炊はまったくしない、お酒好き
  • ある医療事故がきっかけで、医療裁判を抱えている

柊 一星(ひいらぎ いっせい)/北村 匠海

  • 遺品整理士
  • 生まれつき聴覚を持たない
  • 祖母と2人で古い一軒家で暮らしている
  • 明るく陽気でおしゃべり(会話は手話や筆談、スマホ、ジェスチャーを用いる)
  • 多趣味で世界中に友人がいる

佐々木 深夜(ささき しんや)/ディーン・フジオカ

  • 「マロニエ産婦人科医院」で働く新米医師
  • カッコよく頼り甲斐のあるように見えるが、実はヘタレポンコツ
  • 人をほっこりさせたり、気を緩ませる天才
  • 人の心に寄り添うことができる
  • 秘められた悲しい秘密を持つ

『星降る夜に』放送はいつ?

放送開始日2023年1月()スタート
放送時間毎週火曜よる9時~
放送局テレビ朝日系
配信サイト

まとめ

2023年1月スタートの吉高由里子さん主演ドラマ『星降る夜に』の原作や脚本、あらすじ、放送はいつ?についてご紹介しました。

ドラマ『星降る夜に』に原作はなく、完全オリジナルの大人のピュア・ラブストーリーです!

そして、脚本を手がけるのは『セカンドバージン』や『家売るオンナ』シリーズなど、数々のドラマを手掛け、様々な賞に輝く脚本家の大石 静さん。

吉高由里子さんと北村匠海さんの情熱的なキスシーンも見られるということで、期待が高まります。

あわせて読みたい

【100万回言えばよかった】ドラマの原作はある?脚本やあらすじも

2023年1月スタートの井上真央さん主演ドラマ『100万回言えばよかった』。 ドラマ『100万回言えばよかった』は、突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依(井上真央)と直木(佐藤健)の切なくて ...

続きを見る

あわせて読みたい

yuugurenitewotunagu-original
【夕暮れに手をつなぐ】原作と脚本|あらすじ&キャストも紹介!

2023年1月スタートのドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』に広瀬すずさんとKing&Princeの永瀬廉さんが共演することが発表されました。 女優として活躍する広瀬すずさんとラブストーリー初挑戦の永瀬廉さ ...

続きを見る

-星降る夜に