悪女(わる)

ドラマ【悪女(わる)】30年前のキャストは誰?主題歌&評判も!

blue background

ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』が、2022年4月13日(水)初回21時54分より日本テレビでスタートします。

このドラマ、実は1992年4月、今から30年前に日本テレビ系列で放送されていたんです!

30年前の主役・田中麻理鈴(たなか まりりん)のキャストは石田ひかりさん

モー美
30年前、他に誰が出演していたのかも気になるわ
主題歌は誰の歌だったのかなぁ?
ミルク

そこで、この記事では、30年前のドラマ『悪女(わる)』の

  • キャスト
  • 主題歌

について調べてみました。

Advertisements

ドラマ『悪女』30年前のキャスト紹介!

ドラマ『悪女(わる)』の30年前キャストとリメイク版キャストをまとめました。

登場人物 30年前のキャスト リメイク版キャスト
田中 麻理鈴 石田 ひかり 今田 美桜
峰岸 佐和/峰岸 雪 倍賞 美津子 江口 のりこ
小野 忠 布施 博 鈴木 伸之
T.Oさん XIU JIAN 修 健 向井 理
石井隆博/山瀬くん 永瀬正敏 高橋文哉

田中 麻理鈴(たなか まりりん)役/石田 ひかり

1992年4月の初回放送時、19歳だった石田ひかりさん。

可愛いですね。

今では考えられませんが、役の上で本物の酒類とタバコを使用して演技をしていたそうです。

また、当時はまだキラキラネームなど存在していなかったため「マリリン」と言う名前は衝撃的でとても話題になったとか。

『悪女』は、石田ひかりさんにとってテレビドラマ初主演。

その後、NHK連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、『あすなろ白書』主演と大活躍しています。

30年前の石田ひかりさんは、「出世」を目指す新入社員役でした。

そして今回のリメイク版で石田さんは、大出世して大手IT企業「オウミ」の人事部課長で男性に負けずに働いてきたキャリアウーマンを演じます。

石田ひかりさんのコメント

Q.30年前の麻理鈴と令和版の麻理鈴の違う点

麻理鈴という役は現場をとても明るく楽しくする役なんだなと思います。

今日の雰囲気もとても良かったですし、30年前の現場も本当に明るくて楽しくてとても良い現場でした。

もちろん美桜ちゃんの存在も大きいですけど、麻理鈴という独特なキャラクターが持つ力なんだなと実感しました。

Q.「悪女(わる)」を再ドラマ化すると聞いたときの心境

「悪女(わる)」を令和の世に蘇らせようとしているプロデューサー(しかも若い!)がいることに、驚きと喜びを感じました!

原作や平成版をご存知の多くの方が思った、「あのシーンはあるのか?」「あのシーンはどうするのか?」と、ワクワクしました。

そしてやはり、「あのリュックどこかにあるのかな~」とは思いましたね!

出典:公式HP

峰岸 佐和(みねぎし さわ)役/倍賞 美津子

リメイク版で麻理鈴の先輩社員・峰岸雪(みねぎし ゆき)を演じるのは、江口のりこさん。

そして、30年前、峰岸 佐和として先輩社員を演じたのは、倍賞 美津子さんです。

小野 忠(おの ただし)役/布施 博

今回、リメイク版で小野忠(おの ただし)を演じるのは、鈴木伸之さん。

そして、30年前、小野忠(おの ただし)を演じたのは、布施 博さんです。

布施 博さんと言えば、『君が嘘をついた』『ずっとあなたが好きだった』など、トレンディドラマでブレイクしていましたね。

T.Oさん役/XIU JIAN 修 健

残念ながら、T.Oさん役のXIU JIAN 修 健さんの画像は見つかりませんでした。

中国出身の俳優さんで『不夜城』『金田一少年の事件』に出演されていたようです。

石井 隆博役/永瀬 正敏

永瀬 正敏さんが演じた石井 隆博役は、今回、高橋文哉さん演じる山瀬くんのようです。

ほかにも、30年前の『悪女』には、渡辺満里奈さん、鶴田真由さん、石野陽子らが出演していました。

30年前の『悪女』の主題歌は?

30年前の『悪女』の主題歌は、RABBIT(ラビット)の「Thank you my Girl」です。

RABBIT(ラビット)のメンバーは、岩佐友晴(ボーカル)・野下俊哉(ギター)・芝越康裕(ベース)・林利樹(ドラムス)の4人。

1996年に解散しています。

30年前の『悪女』の評判は?

まとめ

30年前に放送されていたドラマ『悪女』のキャスト、主題歌、評判について調べました。

当時の田中麻理鈴(たなか まりりん)役は、石田ひかりさん。そしてその先輩が、倍賞美津子さん。

とても人気のドラマだったようです。

リメイク版の『悪女』も楽しみです。

-悪女(わる)