悪女(わる)

【悪女(わる)】ドラマ相関図とキャスト&登場人物を画像付き大公開!原作も

blue background

今田美桜さん主演ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』が、2022年4月13日(水)初回21時54分より日本テレビでスタートします!

大手IT企業「オウミ」の備品管理課という超窓際部署に配属されたポンコツで一風変わった落ちこぼれOL・田中麻理鈴(たなか まりりん)が、正体不明のクールな先輩・峰岸雪(みねぎし ゆき)の一言をきっかけに、会社の最下層からステップアップしていくサクセスラブストーリー『悪女(わる)』。

モー美
原作がすごく面白い!って評判だからドラマが楽しみ♬
ちょっとドジだけれど、一生懸命頑張っている主人公の麻理鈴のこと応援したくなるよね。
ミルク

この記事では、ドラマ『悪女(わる)』の

  • 人物相関図
  • キャスト
  • 登場人物

についてご紹介します。

Advertisements

ドラマ【悪女(わる)】相関図

correlation_diagram

出典:公式HP

ドラマ【悪女(わる)】キャスト&登場人物を紹介!

ここでは、ドラマ『悪女(わる)』のキャストと登場人物、そして、役者さんのコメントとプロフィールをご紹介します。

キャスト:今田美桜/田中麻理鈴(たなか まりりん)役

登場人物:田中麻理鈴(たなか まりりん)

今田美桜さんが演じる田中麻理鈴(たなか まりりん)は、三流大学をギリギリの成績で卒業し、運よく大手IT企業「オウミ」に入社。

しかし、配属された部署は、備品管理課という超窓ぎわ部署。

ポンコツで型破り、その上、大食いで酒豪のお調子者、さらに他人の悪意に対して異常に鈍感…

そんな麻理鈴の特技は、気づけば彼女のために一役買おうとする気にさせること。

今田美桜さんのコメント

底抜けに明るく型破りな田中麻理鈴役を演じることになりました。

麻理鈴は、やる気と根性があって、いつも目の前のことを一生懸命に頑張っている女性です。

負けん気が強く、酒豪で、大食いで、見た目とはちょっと裏腹に男らしさもあったり、そして、どんな上司にも、ひるまずに立ち向かっていきます。

最後には、色々な人たちをどんどん仲間にしてしまう魅力あるキャラクターなので、クランクイン前ではありますが、今から楽しみにしています。

私も、麻理鈴のように、どんどん周りを巻き込んでいけたらと考えています。

 

Q.原作を読んだ感想は?

30年前の作品なのですが、私の同級生がちょうど新入社員だったり、2年目だったりするので、同級生から聞いてる話と、あの時はこうだったんだという、そのギャップを感じられてすごく楽しかったです。

漫画に登場するそれぞれのキャラクターがすごい個性豊かで、その中で奮闘する麻理鈴に、とても勇気づけられて、私も頑張ろうと思いました。

 

Q.江口さんの印象は?

江口さんは、とてもかっこいい女性だなとずっと思っていました。

今回お会いして、かっこいいプラス面白くて楽しい方だなと思っています。

すごくドラマに入るのがとても楽しみですし、色々なことを江口さんから、学ばさせて頂きたいです。

出典:公式HP

今田美桜 プロフィール

名前 今田美桜(いまだ みお)
生年月日 1997年3月5日
年齢 25歳
出身 福岡県
血液型 A型
身長 157cm
趣味 語学勉強
特技 博多弁の早口言葉
事務所 コンテンツ3
公式サイト 今田美桜 公式サイト

 

キャスト:江口のりこ/峰岸雪(みねぎし ゆき)役

登場人物:峰岸雪(みねぎし ゆき)

江口のりこさんが演じる峰岸雪(みねぎし ゆき)は、麻理鈴(今田美桜)と同じ窓際部署にいる正体不明のクールな先輩社員。

謎の過去を持っているが、麻理鈴の可能性に気づき、時に優しく、時に冷たく出世の手助けをする。

奮闘する麻理鈴を見ているうち峰岸の中で眠っていた野望に再び火がつく…!

江口のりこさんのコメント

私が演じる峰岸雪という役柄は、麻理鈴が配属になった窓際部署で、じっと大人しく仕事している謎の女性です。

とにかく謎多き女性なのですが、麻理鈴と一緒に仕事していくことで、峰岸自身も影響を受けて変化をしていきます。

今の時代、やる気を出したり、出世するぞ!っていう気持ちを全面に出して働くということが、何か「青臭くてカッコ悪い!」という風に見られがちな世の中ですが、このドラマは、その青臭さが逆に格好いいんじゃないか!って思ってもらえるようなドラマになると思ってます。

 

Q.原作を読んだ感想は?

面白かったです。

30年前って、いいなって思いました。

その原作を今の時代にドラマ化するので、原作の持つ面白さを活かしていければと思います。

時代もだいぶ変わっているので、30年前は仕事で出世する女性が、いわゆる「悪女」というイメージがあったかもとは思うのですが、今は全然そういう時代ではありませんので。

30年前と比べて、人の気持ちや想いは、今も変わっていないなと感じました。

 

Q.今田さんの印象は?

元気いっぱいの明るい女の子っていう感じで、よく笑う方ですね。

私がたいして面白くないこと言ったのに、沢山笑ってくれて、とてもありがたいです(笑)

出典:公式HP

江口のりこ プロフィール

名前 江口のりこ(えぐち のりこ)
生年月日 1980年4月28日
年齢 41歳
出身 兵庫県
血液型 O型
身長 170cm
事務所 ノックアウト

キャスト:鈴木伸之/小野忠(おの ただし)役

登場人物:小野忠(おの ただし)

鈴木伸之さんが演じる小野忠(おの ただし)は、将来を期待される「オウミ」のエリート社員。

能力の低い人間を毛嫌いし、そのため麻理鈴(今田美桜)のことを大いにバカにする。

しかし、麻理鈴と出会うことで自分の審美眼を疑い始め、麻理鈴と出会ったことで価値観が変わっていく…

鈴木伸之さんのコメント

今回小野忠を演じさせていただくことになりました。

エリート社員ということで、ポンコツと言われている麻理鈴を最初は軽視するような人物ですが、物語を通して徐々に麻理鈴への見方が変わっていきます。

その変化を皆様に楽しんでいただけたらと思っております。

このドラマが毎週水曜日の皆様の楽しみの1つになるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

出典:公式HP

鈴木伸之 プロフィール

名前 鈴木伸之(すずき のぶゆき)
生年月日 1992年10月14日
年齢 29歳
出身 神奈川県
血液型 AB型
身長 185cm
事務所 LDH JAPAN

キャスト:高橋文哉/山瀬くん役

登場人物:山瀬くん

高橋文哉さんが演じる山瀬くんは、アルバイトの清掃スタッフ。

自分の名前を覚えてくれた麻理鈴(今田美桜)に好感を持ち、麻理鈴がピンチの時に助けてくれるようになる。

麻理鈴以上に会社の社員情報に詳しく、麻理鈴に言わせると山瀬は、“お掃除探偵”。

そんな山瀬には、麻理鈴には言えない秘密が…!

高橋文哉さんのコメント

山瀬くんは、現実主義で仕事に対して前向きな若者です。

僕の実年齢とも近いので、自分らしく働く価値観を等身大でお届けしたいです。

今回、主演の今田美桜さんはじめ、初共演の方が多くすごく楽しみです。

山瀬くんらしく、皆さんと掛け合って素直にお芝居をしたいと思います!

今田美桜さん演じる麻理鈴さんが会社に入社し、働く女性のかっこよさ、強さを感じれる爽快感がある作品になっています。

僕が演じる山瀬くんは、そんな麻理鈴さんと関わって変化が生まれていきます。

出典:公式HP

高橋文哉 プロフィール

名前 高橋文哉(たかはし ふみや)
生年月日 2001年3月12日
年齢 21歳
出身 埼玉県
血液型 B型
身長 176cm
趣味 カメラ
特技 料理
事務所 A-PLUS

キャスト:向井理/T・O役

登場人物:T・O

向井理さんが演じるT・Oは、麻理鈴(今田美桜)が一目惚れした“運命の人”。

同じ会社の社員だと言うが、部署も名前もわからず、イニシャルだけが頼みの綱。

向井理さんのコメント

「悪女(わる)」に出演致します向井理です。

今回の役は、フルネームではなく、T・O という謎の役名です。

役柄や役職など多くは謎に包まれてはいますが、魅力的に演じられるよう努めたいと思います。

そしてこのドラマが現代の社会に於いて、何かの気付きがあるような作品になればと感じています。

さらに、最初の登場シーンは必見ですので、是非ご覧頂きたいと思います!

出典:公式HP

向井理 プロフィール

名前 向井理(むかい おさむ)
生年月日 1982年2月7日
年齢 40歳
出身 神奈川県
血液型 O型
身長 182cm
趣味 お酒・料理
特技 サッカー
配偶者 国仲涼子
事務所 ホリ・エージェンシー

キャスト:志田未来/大井美加(おおい みか)役

登場人物:大井美加(おおい みか)

志田未来さんが演じる大井美加(おおい みか)は、2020年「オウミ」営業一課に入社、別名「コロナ年入社組」。

社会人生活の幕開けと共に緊急事態宣言が発令され、強制的にリモートワークが始まってしまい、先輩に直接仕事を教えて貰うことが出来ずに来た。

最近ようやく普通に出社できるようになったものの、新入社員と変わらない経験値の自分にコンプレックスを感じている。

志田未来さんのコメント

今回、初めて今田さんと共演させていただきますが、麻理鈴と重なるようなとっても明るくてチャーミングな方で、撮影現場も笑い声で溢れています。

今作は、コロナ禍での入社やリモート出勤など、近年、多くの方々が抱えている悩みなどがリアルに描かれていて、私が演じる美加は観ている方の代弁者のような役だと思いました。

美加を通して、働くことの楽しさや仕事でのやり甲斐を感じる喜びなどを表現できたらと思っています。

一人でも多くの方々にご覧いただけたら嬉しいです。

出典:公式HP

志田未来 プロフィール

名前 志田未来(しだ みらい)
生年月日 1993年5月10日
年齢 28歳
出身 神奈川県
血液型 AB型
身長 150cm
事務所 研音

キャスト:石田ひかり/夏目聡子役

30年前の1992年4月期に同作ドラマ『悪女(わる)』で主演・麻理鈴役を務めた石田ひかりさんが今回、夏目人事課長役で令和版『悪女(わる)』に特別出演!

当時19歳だった石田ひかりさんにとって『悪女(わる)』は、ドラマ初主演作。

そして、今作の今田美桜さんもドラマ初主演という共通点があります。

ちなみに、当時の峰岸雪役は倍賞美津子さん、小野忠役は布施博さんでした。

登場人物:夏目聡子

石田ひかりさんが演じる夏目聡子は、大手IT企業「オウミ」の人事部課長で男性に負けずに働いてきたキャリアウーマン。

女性の部下に厳しいことから「女王蜂症候群」と、陰口を叩かれることも…。

夏目聡子の信条は、「女は男の2倍働かないと肩を並べられない」で、誰よりも早く出社して働いている。

峰岸(江口のりこ)との間には確執があるようで…

石田ひかりさんのコメント

Q.初日の撮影を終えた感想

今日は何とも言えない不思議な気持ちで、ずっとふわふわしていました。

麻理鈴を客観的に見る事が初めてで、30年前に自分が演じていた麻理鈴が美桜ちゃんになって目の前にいるという、とても不思議な気持ちでした。

美桜ちゃんの麻理鈴はとても可愛くて共演できて幸せでした。

この気持ちは私しか味わえない気持ちだなと思いました。

ちょっと心の整理がつきません。

 

Q.30年前の麻理鈴と令和版の麻理鈴の違う点

麻理鈴という役は現場をとても明るく楽しくする役なんだなと思います。

今日の雰囲気もとても良かったですし、30年前の現場も本当に明るくて楽しくてとても良い現場でした。

もちろん美桜ちゃんの存在も大きいですけど、麻理鈴という独特なキャラクターが持つ力なんだなと実感しました。

 

Q.「悪女(わる)」を再ドラマ化すると聞いたときの心境

「悪女(わる)」を令和の世に蘇らせようとしているプロデューサー(しかも若い!)がいることに、驚きと喜びを感じました!

原作や平成版をご存知の多くの方が思った、「あのシーンはあるのか?」「あのシーンはどうするのか?」と、ワクワクしました。

そしてやはり、「あのリュックどこかにあるのかな~」とは思いましたね!

 

Q.初代麻理鈴を演じた自分が、夏目課長を演じることになっての思い

それはご縁ですね! 素直に嬉しいです!

撮影をしてみて確信したことは、「マリリン」というキャラクターは、現場を明るく楽しくする力を持っていることです。

わたしの時も、本当に雰囲気のいい、明るく元気で楽しい現場でした。

今回もそれは間違いなさそうです!

今回わたしが演じる夏目課長は、仕事もプライベートも全力で頑張る、タイプは違うけど「マリリン」そっくりなのだと思います。

しっかりと、彼女の出世を阻む壁にならなければと思っております。

出典:コミックナタリー

石田ひかり プロフィール

名前 石田ひかり(いしだ ひかり)
生年月日 1972年5月25日
年齢 49歳
出身 東京都
血液型 A型
身長 160cm
著名な家族 石田ゆり子(姉)
事務所 テンカラット

ドラマ【悪女(わる)】原作は?

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~ 』の原作は、深見じゅんさんです。

『悪女(わる)』は、深見じゅんさんによるロングセラー少女漫画を30年ぶりに再ドラマ化したものです。

深見じゅんさんは、『週刊セブンティーン』に掲載の「17歳の裸婦像」でデビュー。

その後、レディースコミックに進出し、

  • ぽっかぽか
  • むぅぶ
  • 5秒前
  • くるみ
  • SUPER G
  • みみっく
  • 東京ぬりえきせかえ

などの作品ががあります。

『悪女 』
↓↓↓無料試し読みはコチラ↓↓↓

悪女
>>無料トライアルで今すぐ読む!

ドラマ【悪女(わる)】のスタッフを紹介!

原作 深見じゅんさん 「悪女(わる)」(講談社「BE・LOVE」)
脚本 後藤法子さん・松島瑠璃子さん
演出 南雲聖一さん・内田秀実さん・山田信義さん
プロデューサー 諸田景子さん・小田玲奈さん・大塚英治さん・平井十和子さん
チーフプロデューサー 加藤正俊さん
制作協力 ケイファクトリー
製作著作 日本テレビ

ドラマ【悪女(わる)】のあらすじ

田中麻理鈴(今田美桜)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。

大きな夢を抱いて大手IT企業「オウミ」に就職した彼女は、会社の地下にある「備品管理課」に配属される。

そこは、会社のお荷物社員が集められた“姥捨て山”。

麻理鈴は、クールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)から「あなたは何も期待されていない」とバッサリ。

備品を届けた花形部署の小野忠(鈴木伸之)や他の社員たちからも邪険にされる。

しかし、そんな悪意にもまったくメゲないのが、田中麻理鈴!

それもそのはず、彼女が一生懸命働きたい理由には、“運命の出会い”が絡んでいたのだ!

麻理鈴は峰岸に「もっと仕事がほしい!」と付きまとう。

根負けした峰岸は「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と謎の指示を出し、麻理鈴は言われた通りに、山瀬(高橋文哉)をはじめとする清掃スタッフとコミュニケーションを取るようになる。

一方、営業部で働く若手社員・美加(志田未来)も麻理鈴を疎ましく思う一人。

「コロナ年入社組」と呼ばれ会社に馴染めずにいた美加は、入社早々皆に名前を覚えられている麻理鈴のことが気に入らない。

そんな中、美加のピンチにまったく関係ない麻理鈴がしゃしゃり出て――!?

オトナたちの常識をぶっ壊し、こずるく楽しく出世していく…

規格外の新入社員・田中麻理鈴の会社員生活が今スタートする!

出典:公式HP

ドラマ【悪女(わる)】放送はいつ?

放送開始日 2022年4月13日(水)スタート
放送時間 初回 21時54分~
第2話以降は22時~
放送局 日本テレビ
配信サイト Hulu

まとめ

2022年4月13日(水)初回21時54分より日本テレビで始まる今田美桜さん主演ドラマ『悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の 人物相関図、キャスト、登場人物についてご紹介しました。

『悪女』は、30年前に石田ひかりさんが田中麻理鈴を演じてとても話題になった作品です。

ぜひ、こちらの記事でチェックしてみてください。

-悪女(わる)